コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制振構造/制震構造 セイシンコウゾウ

デジタル大辞泉の解説

せいしん‐こうぞう〔‐コウザウ〕【制振構造/制震構造】

地震などによる振動を、建物に施した装置で吸収し、揺れを小さくする建造物の構造。建造物の要所にダンパーを設置する。免震構造に比べ効果は落ちるが費用は安い。→免震構造耐震構造

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしんこうぞう【制振構造】

地震や風による構造物の揺れを機械的に抑制・軽減する構造。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

制振構造/制震構造の関連キーワードあべのハルカス地震抑制

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android