コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制置三司条例司 せいちさんしじょうれいし Zhi-zhi san-si-tiao-li-si; Chih-chih san-ssǔ-t`iao-li-ssǔ

1件 の用語解説(制置三司条例司の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制置三司条例司
せいちさんしじょうれいし
Zhi-zhi san-si-tiao-li-si; Chih-chih san-ssǔ-t`iao-li-ssǔ

中国,宋の神宗のとき,新法を審議立案するために設けられた役所。王安石は新法の審議立案に際し,閣内の旧法党の官僚の反対を避けるため,煕寧2 (1069) 年に天子直属のこの役所を設けた。しかし翌年,王安石は同中書門下平章事 (宰相) となり,閣内の反対を心配し恐れる必要がなくなったので条例司を廃し,内閣にその事務を移管した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制置三司条例司の関連キーワード徽宗旧法党新法党仏祖統紀文彦博先議欧陽脩新法詮議立て郭熙

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone