コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制置三司条例司 せいちさんしじょうれいしZhi-zhi san-si-tiao-li-si; Chih-chih san-ssǔ-t`iao-li-ssǔ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制置三司条例司
せいちさんしじょうれいし
Zhi-zhi san-si-tiao-li-si; Chih-chih san-ssǔ-t`iao-li-ssǔ

中国,宋の神宗のとき,新法を審議立案するために設けられた役所王安石は新法の審議立案に際し,閣内旧法党の官僚の反対を避けるため,煕寧2 (1069) 年に天子直属のこの役所を設けた。しかし翌年,王安石は同中書門下平章事 (宰相) となり,閣内の反対を心配し恐れる必要がなくなったので条例司を廃し,内閣にその事務を移管した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android