コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同中書門下平章事 どうちゅうしょもんかへいしょうじTong-zhong-shu men-xia ping-zhang-shi; T`ung-chung-shu mên-hsia p`ing-chang-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同中書門下平章事
どうちゅうしょもんかへいしょうじ
Tong-zhong-shu men-xia ping-zhang-shi; T`ung-chung-shu mên-hsia p`ing-chang-shih

中国の五代の官制。唐の初めは門下,中書,尚書の3省の長官を宰相としたが,のちにはそのうちの侍中と中書令を宰相としたほかに,他の官に同中書門下平章事や同中書門下三品などの名を加えて宰相とした。しかしその後,他の官に加えられる名がほとんど同中書門下平章事となったので,その名が宰相の名称として用いられ,それが五代を経て宋代にいたった。宋代,同平章事すなわち同中書門下平章事は丞郎以上三師をもってこれにあて,天子を補佐して大政を統べた。定員がなく,3人いることもあった。その副を参知政事と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうちゅうしょもんかへいしょうじ【同中書門下平章事 Tóng zhōng shū mén xià píng zhāng shì】

中国の官制。唐代は三省制度によって左右僕射が宰相職を遂行したが,資格経歴の浅い者を宰相に任命しようとした高宗が682年(永淳1)に〈与中書門下同承受進止平章事〉という官を与えて宰相とした。これが同中書門下平章事の名称の始まりで,五代から宋にかけては,一般に同平章事と略称され宰相とした。北宋神宗(1068‐85)の官制改革によって同平章事は使われなくなった。【衣川 強】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の同中書門下平章事の言及

【宰相】より

…ただ尚書令は,太宗李世民が就任していたから,任命されず,副官にあたる左右の僕射が実質的な長官であり,宰相になった。 唐代中期の682年,歴任の浅い者を宰相職に任命するため,中書と門下を合わせた官ということで同中書門下平章事(同平章事ともいう)が設けられ,粛宗(756‐762)以後はこれが宰相を指した。2~3名が任命され,以後北宋中期まで宰相を同平章事と称した。…

※「同中書門下平章事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

同中書門下平章事の関連キーワード制置三司条例司三省六部張九齢趙匡胤李克用王安石中書省洪适馮道晏殊裴度楊炎富弼

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android