コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制限核戦争 せいげんかくせんそうlimited nuclear warfare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制限核戦争
せいげんかくせんそう
limited nuclear warfare

核戦略用語で,核兵器を用いた制限戦争。アメリカの H.キッシンジャーが 1957年に『核兵器と外交政策』のなかで,局地ないし地域的侵略を排除するために地域,目標および核兵器の大きさを制限する核戦争論を主張し,大量報復を批判した頃から注目を浴びるようになった戦略。同じ頃に,イギリス王立国際問題研究所は核兵器使用による全面核戦争への発展を防ぐために,敵側との意志の疎通を重視し,共産側に戦略核兵器戦術核兵器の区別を明らかに知らせるべきであると主張した。ソ連は核兵器の使用は必ず全面核戦争にまで拡大するという立場を取っていたが,68年以後,ソ連国防省刊行の『軍事戦略』から,このような主張を削除した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android