コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺米・差米 さしまい

大辞林 第三版の解説

さしまい【刺米・差米】

江戸時代、検査のために米刺しを俵に入れて取り出した米。鑑定人・仲介人などが手数料としてとる風習があったので、俵に詰めるとき、あらかじめその分を見込んで入れてある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刺米・差米の関連キーワード江戸時代鑑定人仲介人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android