コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰山刻石 たいざんこくせき Tai-shan-ke-shi

2件 の用語解説(泰山刻石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰山刻石
たいざんこくせき
Tai-shan-ke-shi

中国,秦の始皇帝が現在の山東省中部を巡遊したときにタイ (泰) 山に立てた記念碑 (前 219頃) 。現在泰安市の岱廟にある。その書は李斯 (りし) の筆と伝えられ,秦篆,小篆と呼ばれる。宋代に断片が発見され,もと 222字が存在したが,現在は 10字ほどを残すのみとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいざんこくせき【泰山刻石 Tài shān kè shí】

中国,秦の始皇帝が天下統一後3年目の即位28年(前219)に泰山に立てた刻石。泰山の山頂で天を祭る封禅(ほうぜん)の儀式を挙行した際に立てたところから,〈封泰山碑〉ともいう。秦の徳をたたえた頌辞を篆書(てんしよ)で刻したもので,丞相の李斯(りし)の書と伝えられ,小篆の典型とされる。《史記》秦始皇本紀にのせる全文は,4字36句の計144字からなり,3句ごとに押韻する。のち2世皇帝の時代に,碑の側面に追刻がなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泰山刻石の関連キーワード郡国制上林苑秦鏡李斯坑儒五大夫馳道太上皇秦刻石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone