コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削器 さっき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

削器
さっき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の削器の言及

【スクレーパー】より

建設機械【室 達朗】(3)打製石器の一つ。搔器,削器と訳される。剝片に細かな調整を加えて刃部を作り出したもので,細長い剝片の短辺の一つに刃を持つもの(エンドスクレーパー),長辺の一つに刃をもつもの(サイドスクレーパー)などがある。…

【石器】より

… 日本でも石刃技法が盛んであったが,縦長な剝片である石刃に対して横長な剝片を組織的に作りだす〈瀬戸内技法〉も編みだされた。石刃,剝片類を加工して作る石器類にナイフ形石器,切出形石器,彫器,削器,搔器,台形石器がある。ナイフ形石器は鋭い縁と先端をもつ,切る・削る道具であるが,その特徴から遺跡名のつけられた杉久保型,茂呂型,国府型ナイフがある。…

※「削器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

削器の関連キーワードレバンタイン・オーリニャック文化シベリア・ムスティエ文化ラ・シャペル・オー・サンスクレーパー(石器)オーリニャック文化フィスフーク遺跡ハルツーム遺跡群グラベット文化ムスティエ文化泉福寺洞穴遺跡ジュクタイ洞窟イシャンゴ遺跡スーダン遺跡群チバテロス文化上黒岩岩陰遺跡美利河I遺跡骨歯角器文化置戸安住遺跡アテール文化長者久保遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android