コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前古典派の音楽 ぜんこてんはのおんがくPreclassic music

1件 の用語解説(前古典派の音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前古典派の音楽
ぜんこてんはのおんがく
Preclassic music

バロック様式ののち典型的古典派の音楽 (ウィーン古典派の音楽) が誕生する前,すなわち 1720年頃から 60年頃にかけて活躍した作曲家たちの音楽で,その特色はおもにギャラント・スタイル多感様式シュトゥルム・ウント・ドラングといった概念でとらえられている。マンハイム楽派,ベルリン楽派,G.ワーゲンザイルらのウィーンで活躍した作曲家たちの音楽がその代表としてあげられるほか,N.ヨメリ,J.ショーベルト,J.C.バッハらも同様の特色をもつ音楽を作った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone