コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川由平 まえかわ よしひら

美術人名辞典の解説

前川由平

江戸中期の俳人。号は半幽・夕舟子。晩年仏門に入り、自入と称した。京都生、大阪住。西山宗因門人。著書に『明骨集』がある。宝永年中(1704~1711)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川由平 まえかわ-よしひら

?-1707ごろ 江戸時代前期の俳人。
和気由貞の子。大坂の人。西山宗因にまなぶ。井原西鶴,和気遠舟とともに大坂俳壇の三巨頭といわれた。元禄(げんろく)のころ雑俳点者として活躍。宝永4年ごろ死去。通称は江助,江介。別号に半幽,自入,舟夕子(しゅうせきし),瓢叟(ひょうそう)など。著作に「由平独百韻」「俳諧(はいかい)胴ほね」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

前川由平

没年:宝永4頃(1707)
生年:生年不詳
江戸前期の俳人。通称は江助(江介)また由兵衛。禅門に入り,自入とも号した。他に舟夕子,半幽などの号も使用。はじめ西山宗因門の俊秀として,井原西鶴らに親炙しつつ活動を展開。『大坂独吟集』にその名がみえ,『西鶴大矢数』にも指合見の役人として出座している。西鶴,和気遠舟と共に,大坂俳壇の三巨頭と目された。貞享,元禄期(1684~1704)に至り,俳壇の流行は大きく変化するのであるが,その作風に同調できず,以後は雑俳点者として活動していった。

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone