コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川由平 まえかわ よしひら

3件 の用語解説(前川由平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

前川由平

江戸中期の俳人。号は半幽・夕舟子。晩年仏門に入り、自入と称した。京都生、大阪住。西山宗因門人。著書に『明骨集』がある。宝永年中(1704~1711)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川由平 まえかわ-よしひら

?-1707ごろ 江戸時代前期の俳人。
和気由貞の子。大坂の人。西山宗因にまなぶ。井原西鶴,和気遠舟とともに大坂俳壇の三巨頭といわれた。元禄(げんろく)のころ雑俳点者として活躍。宝永4年ごろ死去。通称は江助,江介。別号に半幽,自入,舟夕子(しゅうせきし),瓢叟(ひょうそう)など。著作に「由平独百韻」「俳諧(はいかい)胴ほね」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

前川由平

没年:宝永4頃(1707)
生年:生年不詳
江戸前期の俳人。通称は江助(江介)また由兵衛。禅門に入り,自入とも号した。他に舟夕子,半幽などの号も使用。はじめ西山宗因門の俊秀として,井原西鶴らに親炙しつつ活動を展開。『大坂独吟集』にその名がみえ,『西鶴大矢数』にも指合見の役人として出座している。西鶴,和気遠舟と共に,大坂俳壇の三巨頭と目された。貞享,元禄期(1684~1704)に至り,俳壇の流行は大きく変化するのであるが,その作風に同調できず,以後は雑俳点者として活動していった。

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前川由平の関連キーワード浅井正村浅見左逸岩田凉菟阿形但秀尼坂好道半井和年立圃池田宗旦重頼石田意深

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone