コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利声 まえだ としかた

美術人名辞典の解説

前田利声

富山藩主。利保の第七子。利友の嗣。幼名房之助、後改め主計。従二位。東京に住す。大義大輔。歌学に通ず。明治37年(1904)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利声 まえだ-としかた

1835-1904 幕末の大名。
天保(てんぽう)6年2月17日生まれ。前田利保(としやす)の7男。兄利友(としとも)の養子となり,嘉永(かえい)7年越中富山藩主前田家12代。藩政をめぐり父と対立し,安政4年宗家金沢藩主前田斉泰(なりやす)から「御病気につき御引籠(おひきこもり)」を申しわたされた。明治37年2月16日死去。70歳。初名は利由。通称は房之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

前田利声の関連キーワード松平直方(2)前田利同富田兵部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android