コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田憲一 まえだ けんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田憲一 まえだ-けんいち

1909-1995 昭和時代の電波工学者。
明治42年8月1日生まれ。電気通信研究所電波部長などをへて,昭和28年京大教授となる。48年京都産業大教授。遠距離通信の研究で知られる。電離層に関する研究で47年学士院賞。平成7年10月14日死去。86歳。大阪出身。京都帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まえだけんいち【前田憲一】

1909~1995) 電波工学者。大阪府生まれ。京大教授。電離層中の電子密度の変化について研究し、地磁気歪曲現象を発見。電離層を利用した遠距離通信やロケットによる宇宙空間観測計画の先駆者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前田憲一の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田憲一の関連情報