コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前立腺の名の由来 ぜんりつせんのなのゆらい

1件 の用語解説(前立腺の名の由来の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぜんりつせんのなのゆらい【前立腺の名の由来】

 前立腺ヨーロッパの医学書で「(膀胱(ぼうこう)の)前に存在する」という意味のことばが使われ、これが邦訳されたものです。
 日本解剖学会の用語委員会が戦後、前立腺という訳語を採用するまでは、難解な「摂護腺(せつごせん)」が使われていました。
 摂護腺の起源は、江戸時代杉田玄白(すぎたげんぱく)らの翻訳書『解体新書』にさかのぼり、そのオランダ語の原本『ターフェル・アナトミア』中の「ホール・スタンデルス(前に立つ、または、存在する)」という用語を大槻玄沢(おおつきげんたく)が訳したといわれています。
「摂護」とは、対象は不明ですが「囲んで防御するもの」という意味で使われています(小川鼎三(ていぞう)、1983年)。しかし、解剖学者の藤田恒太郎(つねたろう)は、「摂護」を保摂・防護の意味に解し、尿の毒から精子を守るという意味だとしているのは、わかりやすくておもしろい考えだと思います。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

前立腺の名の由来の関連キーワード前立腺南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ通貨制度ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ農業指導保証基金ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone