コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前頭化 ぜんとうかfrontalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前頭化
ぜんとうか
frontalization

ヒトの進化の一つの方向として,特に大脳の中に前頭葉の占める比率が高くなることをいう。これは,現生人類の脳の比較解剖,化石人類の頭骨の研究から提出された説である。前頭を収める前額部の発達をみると,早期の人類では低く平坦であるが,現生人類に近づくにつれて,漸次ふくらんでくる傾向がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android