コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前頭葉 ゼントウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ぜんとう‐よう〔‐エフ〕【前頭葉】

大脳半球の中心を左右に走る溝より前方領域。ヒトにおいてよく発達し、感情・注意・思考などの精神作用や随意運動を支配し、また他の領域と密接に連絡する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんとうよう【前頭葉】

大脳半球の中心を左右に走る溝から前方の部分。運動の神経中枢と運動性言語中枢があり、前端部は思考・判断など高等な精神作用が営まれる場所と考えられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前頭葉
ぜんとうよう

大脳」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前頭葉
ぜんとうよう

大脳皮質の中心溝より前の部分で、第一次運動野(4野)、運動前野(6野)、前頭前野(9、10、11野)、眼窩(がんか)野(12、13、14野)等がある。ヒトでもっともよく発達し、大脳皮質全体の3分の1を占める。第一次運動野と運動前野は随意運動に関与しているが、前頭前野は、注意、思考、意欲、情操の「座」となっている。前頭前野が障害されると、注意を集中することができなくなったり、ある一つの動作のみを繰り返し、別の動作に変えることがむずかしくなったりする(これを固執傾向という)。また、自発行動が減り、自分や周囲に対して無関心となる。なお、左半球には、ことばをしゃべるのに必要な運動性言語中枢(44、45野)があり、ここが障害されると発声はできても話すことができなくなる。
 ポジトロンCT(陽電子を用いたCTの一検査法)を用いた脳の研究により、前頭葉は、その部位によって異なる機能を営んでいることがわかってきた。今後はさらに技術的な進歩とともに、前頭葉の機能局在に関しての詳しいデータが出されてくることであろう。[鳥居鎮夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前頭葉の関連キーワードジェームズ・ウィンストン ウォッツアントニオ・エガス モーニスホモ・フロレシエンシス大脳皮質基底核変性症前頭側頭葉変性症電気ショック療法運動性言語中枢大脳動脈・静脈ブローカ領域失外套症候群脳酸素飽和度倉前 盛通運動失調症ロボトミーシルビウスブローカ野前大脳動脈精神外科大脳皮質神経中枢

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前頭葉の関連情報