コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣を落として舟を刻む ケンヲオトシテフネヲキザム

デジタル大辞泉の解説

剣(けん)を落(お)として舟(ふね)を刻(きざ)む

《乗っているからを落とした人が、慌てて舟べりに印をつけてその下の川底を捜したという、「呂氏春秋」察今の故事から》古い物事にこだわって、状況の変化に応じることができないことのたとえ舟に刻みて剣を求む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんをおとしてふねをきざむ【剣を落として舟を刻む】

〔「呂氏春秋察今」より。楚人が舟で江を渡った時、剣を水中に落とし、舟の舷ふなべりに印をつけてその下の川底を探したが、舟が動いているので見つからなかったという故事から〕
物事にこだわって事態の変化に気づかず適応できないことのたとえ。舟に刻みて剣を求む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

剣を落として舟を刻むの関連キーワード水中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android