コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣を落として舟を刻む ケンヲオトシテフネヲキザム

大辞林 第三版の解説

けんをおとしてふねをきざむ【剣を落として舟を刻む】

〔「呂氏春秋察今」より。楚人が舟で江を渡った時、剣を水中に落とし、舟の舷ふなべりに印をつけてその下の川底を探したが、舟が動いているので見つからなかったという故事から〕
物事にこだわって事態の変化に気づかず適応できないことのたとえ。舟に刻みて剣を求む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

剣を落として舟を刻むの関連キーワード水中

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android