コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣を落として舟を刻む ケンヲオトシテフネヲキザム

デジタル大辞泉の解説

剣(けん)を落(お)として舟(ふね)を刻(きざ)む

《乗っている舟から剣を落とした人が、慌てて舟べりに印をつけてその下の川底を捜したという、「呂氏春秋」察今の故事から》古い物事にこだわって、状況の変化に応じることができないことのたとえ。舟に刻みて剣を求む

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんをおとしてふねをきざむ【剣を落として舟を刻む】

〔「呂氏春秋察今」より。楚人が舟で江を渡った時、剣を水中に落とし、舟の舷ふなべりに印をつけてその下の川底を探したが、舟が動いているので見つからなかったという故事から〕
物事にこだわって事態の変化に気づかず適応できないことのたとえ。舟に刻みて剣を求む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone