コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剥離細胞学 はくりさいぼうがくexfoliative cytology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剥離細胞学
はくりさいぼうがく
exfoliative cytology

子宮腟部の擦過標本 (スメア) ,口腔,肺,胃,皮膚表面,腎臓,膀胱などからの分泌物 (喀痰,胃液,尿など) ,あるいは直接それらの部位を擦過して得られた細胞成分の塗沫標本,さらに腹水,胸水などの体腔液を採取し,遠心沈殿してつくった塗沫標本などを顕微鏡で検査し,細胞の種類を検索する専門分野である。剥離細胞の顕微鏡的検査法は G.N.パパニコローが提唱したもので,特に悪性腫瘍の診断に役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

剥離細胞学の関連キーワード細胞診