コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副成分鉱物[火成岩] ふくせいぶんこうぶつかせいがん accessary mineral of igneous rock

1件 の用語解説(副成分鉱物[火成岩]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副成分鉱物[火成岩]
ふくせいぶんこうぶつかせいがん
accessary mineral of igneous rock

ある火成岩を構成する造岩鉱物のうち,特に多量に含まれている鉱物種をその岩石の主成分鉱物といい,少量しか含まれていないものを副成分鉱物という。両者を区分する基準は厳密に定められているわけではないが,一般に個々の岩石に含まれる鉱物の種類と量比は,それぞれの岩石の生成過程を直接反映しているので,普通成因を考えるうえで,主成分鉱物と副成分鉱物を分けることは有効であるとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

副成分鉱物[火成岩]の関連キーワード頑火輝石輝石紫蘇輝石珪酸塩鉱物造岩鉱物鉱物起源岩安定系列エンドブラステシスパンペリアイトローソナイト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone