コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造岩鉱物 ゾウガンコウブツ

百科事典マイペディアの解説

造岩鉱物【ぞうがんこうぶつ】

岩石を構成する主要な鉱物。現在4000種余りの鉱物が知られているが,造岩鉱物といわれるものは数十種類にすぎない。主成分となる造岩鉱物はケイ酸塩鉱物であって,石英,長石,準長石雲母,角セン石,輝石,カンラン石など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうがんこうぶつ【造岩鉱物 rock forming mineral】

岩石は1種類以上の鉱物が集合して構成されているが,この岩石を構成している鉱物を造岩鉱物という。多くはケイ酸塩鉱物とシリカ鉱物であるが,元素鉱物,硫化鉱物,ハロゲン化鉱物,酸化鉱物,水酸化鉱物,炭酸塩鉱物,リン酸塩鉱物,硫酸塩鉱物なども含まれる。現在知られている1000種類をこえる鉱物のうちおもな造岩鉱物はごく限られた数である。 火成岩は主としてシリカ鉱物と,長石族,準長石類,雲母族,輝石族,角セン石族,カンラン石族のケイ酸塩鉱物のうちの数種類,そのほかに少量の磁鉄鉱,チタン鉄鉱(いずれも酸化鉱物)やリン灰石(リン酸塩鉱物)などからなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうがんこうぶつ【造岩鉱物】

岩石を構成する鉱物。石英・長石・雲母・輝石・角閃かくせん石・橄欖かんらん石など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造岩鉱物
ぞうがんこうぶつ

各種岩石を構成する鉱物中、その主要成分をなす鉱物。火成岩に例をとれば、それらを構成する鉱物は、珪(けい)酸鉱物族、長石族、準長石類などからなる珪長鉱物と、橄欖(かんらん)石族、輝石族、角閃(かくせん)石族、雲母(うんも)族などからなる鉄苦土鉱物(苦鉄鉱物ともいう)という二つの区分を設けることで、ほとんどすべての火成岩の構成鉱物をこれに含めることができる。準長石のみが類となっているのは、岩石学的に準長石として扱われるものが、いくつもの異なった族に属しているためである。
 厳密に用いるときには、火成岩造岩鉱物、堆積(たいせき)岩造岩鉱物、変成岩造岩鉱物というように成因的分類に基づく区分との複合語となる。[加藤 昭]
『森本信男著『造岩鉱物学』(1989・東京大学出版会) ▽松井義人・坂野昇平編『岩石・鉱物の地球化学』(1992・岩波書店) ▽地学団体研究会編『新版地学教育講座3 鉱物の科学』(1995・東海大学出版会) ▽周藤賢治・牛来正夫著『地殻・マントル構成物質』(1997・共立出版) ▽鳥海光弘ほか著『岩波講座地球惑星科学5 地球惑星物質科学』(2000・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

造岩鉱物の関連キーワードK. ローゼンブッシュカンラン石(橄欖石)ケイ(珪)酸塩鉱物エッチエフエス元素アルカリ土類金属エルアイエル元素ローゼンブッシュローソナイト坪井誠太郎地質温度計主成分鉱物化学的風化神津俶祐2次鉱物玻璃長石安定系列紫蘇輝石頑火輝石本質鉱物無色鉱物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造岩鉱物の関連情報