コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割引債・利付債 わりびきさいりつきさい

世界大百科事典 第2版の解説

わりびきさいりつきさい【割引債・利付債】

券面に利札(りさつ)がなく,額面から利息分を差し引いた値段で発行され(割引発行),償還時に額面価額で元本が返済される債券を割引債といい,これに対し,券面に利札の付いている債券を利付債という。割引債の代表としては,割引金融債(〈金融債〉の項参照)のほか,割引国債(期限5年)などがある。また利付債は,大半の債券類がそうであり,利付金融債(〈金融債〉の項参照)はいうに及ばず,社債,地方債,中期利付国債(期限2~4年),長期利付国債(同10年)など,みな利付債である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android