コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利札(読み)リサツ

百科事典マイペディアの解説

利札【りさつ】

債券に添付された紙片で,利子の支払保証券および受取証の役割を果たすもの。利子額が記されてあり,支払期日(通常年2回)にこれを債券から切り離して利子の支払を受ける。→利付債
→関連項目クーポン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の利札の言及

【割引債・利付債】より

…券面に利札(りさつ)がなく,額面から利息分を差し引いた値段で発行され(割引発行),償還時に額面価額で元本が返済される債券を割引債といい,これに対し,券面に利札の付いている債券を利付債という。割引債の代表としては,割引金融債(〈金融債〉の項参照)のほか,割引国債(期限5年)などがある。…

【割引債・利付債】より

…券面に利札(りさつ)がなく,額面から利息分を差し引いた値段で発行され(割引発行),償還時に額面価額で元本が返済される債券を割引債といい,これに対し,券面に利札の付いている債券を利付債という。割引債の代表としては,割引金融債(〈金融債〉の項参照)のほか,割引国債(期限5年)などがある。…

※「利札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android