コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割引債(読み)わりびきさい

百科事典マイペディアの解説

割引債【わりびきさい】

割引で発行される金融債。額面金額から一定額を控除した価格で売り出され,その差額が利子となる。割引国債のほか,日本興業銀行の割引興業債券(ワリコー),商工組合中央金庫の割引商工債券(ワリショー),農林中央金庫の割引農林債券(ワリノー),あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)の割引あおぞら債券など。→利付債
→関連項目債券発行銀行割引発行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

わりびきさい【割引債】

利息に相当する金額を額面額から差し引いて発行する債券。政府短期証券・割引金融債など。 → 利付債

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の割引債の言及

【金融債】より

…金融債には割引金融債と利付金融債の2種類がある。(1)割引金融債 単に〈割引債〉または〈ワリサイ〉とも呼ばれ,個人投資家によって大半が消化されている。割引金融債は一定の期間を定めて,同じ条件で売り出すいわゆる売出方式により発行されているので,売出期間中にいつでも買うことができ,売出最終日より前に買うときは,定められた割引条件の割合で割り引いた価格で買うことができる。…

※「割引債」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割引債の関連情報