コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割(き)竹 サキタケ

デジタル大辞泉の解説

さき‐たけ【割(き)竹】

縦に割ってさいた竹。

わり‐だけ【割(り)竹】

割った竹。特に、丸竹先端を細かく割ったもの。夜番が引きずって歩いたり、罪人をたたくのに用いたりした。われだけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

割(き)竹の関連キーワード中里太郎右衛門(12代)四つ手駕籠・四つ手駕篭石清尾山古墳群和泉黄金塚古墳会津大塚山古墳刳抜き式石棺トンネル栽培飯胴甕古窯址広峯15号墳王山古墳群八幡塚古墳三池平古墳荒木田末寿薩摩糸びな刳抜式石棺簓(家庭)金閣寺垣上総掘り粟穂稗穂海苔ひび

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android