コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割込み わりこみ interrupt; interruption

2件 の用語解説(割込みの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割込み
わりこみ
interrupt; interruption

コンピュータが演算中にある事象が生じたために演算中の仕事を中断して,新たに生じた事象に対処することをいう。電源の断,コンピュータの誤動作入出力装置の動作終了,プログラムで発生した各種異常,外部で発生した各種の信号などが割込みの要因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わり‐こみ【割(り)込み】

間に無理に入ること。割り込むこと。また、そのもの。「列に割り込みをする」
劇場などで、桟敷・土間の一仕切りの中に連れ以外の人と同席して見物すること。また、その場所。
コンピューターで、処理を一時中断してプログラムを退避させ、別の処理を実行したのちに、中断した時点から再開すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割込みの関連キーワード躍り込む滑り込む売込み押入る押込み押込む迫り込む躙り込む割込む入り身

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

割込みの関連情報