コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割込み わりこみinterrupt; interruption

2件 の用語解説(割込みの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割込み
わりこみ
interrupt; interruption

コンピュータが演算中にある事象が生じたために演算中の仕事を中断して,新たに生じた事象に対処することをいう。電源の断,コンピュータの誤動作入出力装置の動作終了,プログラムで発生した各種異常,外部で発生した各種の信号などが割込みの要因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わり‐こみ【割(り)込み】

間に無理に入ること。割り込むこと。また、そのもの。「列に割り込みをする」
劇場などで、桟敷・土間の一仕切りの中に連れ以外の人と同席して見物すること。また、その場所。
コンピューターで、処理を一時中断してプログラムを退避させ、別の処理を実行したのちに、中断した時点から再開すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

割込みの関連情報