コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇作術 げきさくじゅつdramaturgy

翻訳|dramaturgy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劇作術
げきさくじゅつ
dramaturgy

演劇理論の一種で,特に戯曲の書き方,すなわち主題の選択,筋の組立て,登場人物の性格づけ,せりふの文体などの具体的な問題にかかわるものをさす。イギリスの劇評家 W.アーチャーの『劇作法』 (1912) はその一例。劇作術はとかく技術的なものと解されるが,実際には演劇理論一般と切り離せない。したがって,アリストテレスの『詩学』,古典主義をふまえた J.ドライデンの『劇詩論』,リアリズムを重視する G.B.ショーの諸著作,叙事演劇を唱える B.ブレヒトの諸著作など,代表的な演劇理論書は,すべて劇作術の書でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の劇作術の言及

【演劇】より

…また,ギリシア語語源からすればテアトロンと並んで重要であり,同じく部分で全体を表すことになるギリシア語drama(ドラマ。行動の意)は,英語drama(ドラマ)では筋と登場人物をもつ舞台表現を広く指すが(つまり演劇である),フランス語でdrame(ドラム)といえば,作品の内容を指すか,18世紀にディドロが主張した市民劇に発する19世紀ロマン派以降の劇作術上の一ジャンルを指す(ただし形容詞のdramatiqueはより広く用いうる)。日本語の文脈で用いる〈ドラマ〉は英語のdramaである。…

【ドラマトゥルギー】より

…広くは演劇観一般を意味し,狭くは具体的な劇作法・劇作術をさす言葉であるが,これが一つの術語として確立していることが,演劇という芸術の本質的な一面を暗示しているといえる。現代語には文学観の全体を示す〈詩学poetics,Poetik(ドイツ語)〉という言葉はあるが,個々のジャンルについて,たとえば抒情詩観を一語で表す成語はないし,小説作法を意味する単独の術語もないからである。…

※「劇作術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劇作術の関連キーワードローソン(John Howard Lawson)フリッシュ(Max Frisch)トマス・クレイトン ウルフナーティヤ・シャーストラウェル・メイド・プレイジョン・H. ローソンルイス・デ・アラルコンモレト・イ・カバニャピーター ストーンドラマトゥルギートーレス・ナアロオイディプス王マシンジャースペイン演劇ジョーンズ内村 直也ロスタンベーカーサルドゥウルフ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android