コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉智 りゅうち Liú Zhì

1件 の用語解説(劉智の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうち【劉智 Liú Zhì】

1660ころ‐1730ころ
中国,清代初めのイスラム教学者。字は介廉,号は一斎。江蘇省上元県(現,南京市)の人。回族出身。幼いときから著名なイスラム教学者の父劉漢英についてアラビア語ペルシア語を学び,儒教,仏教,道教にも通じていた。各地を遊歴してイスラム教の典籍を収集したが,晩年は金陵(南京)に帰り,著述に専心した。代表的著述は,イスラム教の世界観を朱子学によって解釈した《天方性理》5巻(1704),ほかに《天方至聖実録》《天方典礼択要解》などが今日に伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劉智の関連キーワード交子いちころコロシアムころ銭神韻説ところに庫銀ころ流し狆ころサイコロ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone