コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉智 りゅうちLiú Zhì

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうち【劉智 Liú Zhì】

1660ころ‐1730ころ
中国,清代初めのイスラム教学者。字は介廉,号は一斎。江蘇省上元県(現,南京市)の人。回族出身。幼いときから著名なイスラム教学者の父劉漢英についてアラビア語ペルシア語を学び,儒教,仏教,道教にも通じていた。各地を遊歴してイスラム教の典籍を収集したが,晩年は金陵(南京)に帰り,著述に専心した。代表的著述は,イスラム教の世界観を朱子学によって解釈した《天方性理》5巻(1704),ほかに《天方至聖実録》《天方典礼択要解》などが今日に伝わっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

劉智の関連キーワード徳川吉宗チャールズ伊達騒動チャールズフリードリヒ・ウィルヘルムマハンラーコーツィ家浅井了意王政復古(Restoration)古典主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android