力芝(読み)チカラシバ

大辞林 第三版の解説

ちからしば【力芝】

イネ科の多年草。道端や畑に多い。大きな株を作り、抜きにくいのでこの名がある。高さ約50センチメートルで、葉は根生し線形。夏から秋にかけ、茎頂に濃紫色の小花がふさふさした尾のように密生する。道芝。狼尾草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

力芝 (チカラシバ)

学名:Pennisetum alopecuroides
植物。イネ科の多年草,園芸植物

力芝 (チカラシバ)

植物。ナギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから‐しば【力芝】

〘名〙 イネ科の多年草。各地の日当たりのよい原野・路傍などに生える。高さ三〇~八〇センチメートル。全体に短毛を生じる。葉は線形で茎より長く根に群がって生える。初秋、稈(かん)の先端に長さ約一五センチメートルの円柱状の花穂をつける。小穂は黒紫色で長さ二~三センチメートルの芒(のぎ)がある。土に根がしっかりはり、容易に引き抜けないところからこの名がある。ちからぐさ。みちしば。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android