功徳宝海(読み)くどくほうかい

精選版 日本国語大辞典「功徳宝海」の解説

くどく‐ほうかい【功徳宝海】

〘名〙 語。阿彌陀仏より与えられた、その仏の名号、およびそれを唱える他力念仏を、その功徳の広大なことから、たとえたことば。功徳の宝海。
教行信証(1224)二「斯行、即是摂諸善法、具諸徳本、極速円満、真如一実功徳宝海。故名大行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android