他力(読み)たりき

デジタル大辞泉の解説

た‐りき【他力】

自分以外のものの力。他人の助力。⇔自力
仏語。衆生(しゅじょう)を悟りに導く仏・菩薩(ぼさつ)の力。仏・菩薩の加護。特に、浄土門で、一切の衆生を救おうと発願した阿弥陀仏の力。弥陀の本願の力。⇔自力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たりき【他力】

他人の助力。
〘仏〙 自己の力で悟るのではなく、仏や菩薩の力を借りること。仏・菩薩の加護のこと。多くは浄土教で、衆生しゆじようを極楽へ救済する阿弥陀仏の本願の力のこと。
▽⇔ 自力

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐りき【他力】

〘名〙
① 他人の力。他から与えられる助力。たりょく。
※ぎやどぺかどる(1599)上「石は自ら下る者也、上る為には他力をからずして叶はざるごとく」
仏語。自分以外の仏菩薩の力をかりること。特に阿彌陀仏の本願の力によること、またその本願をいう。
教行信証(1224)二「言他力者、如来本願力也」
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「内々宝蔵に有地蔵(ぼさつ)を取出し、諸人に拝ませよ。すれば他力といふもの」 〔往生論註‐下〕
③ その人が本来持つ素質以外に、習練や稽古を積むことによって派生的に得られるもの。
※わらんべ草(1660)二「けいこをきはめ、たんれんせば、其たりきにて、げいより出る分別かんよう也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の他力の言及

【他力本願】より

…阿弥陀仏が一切の衆生を救済しようとしておこした誓願。また浄土教で他力の弥陀の本願を頼むことをいう。他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。…

※「他力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他力の関連情報