コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他力 タリキ

デジタル大辞泉の解説

た‐りき【他力】

自分以外のものの力。他人の助力。⇔自力
仏語。衆生(しゅじょう)を悟りに導く仏・菩薩(ぼさつ)の力。仏・菩薩の加護。特に、浄土門で、一切の衆生を救おうと発願した阿弥陀仏の力。弥陀の本願の力。⇔自力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

他力【たりき】

自己以外の力,特に仏・菩薩の力をいう。自力に対する。のち浄土門信仰において,阿弥陀仏が人びとを救おうとする(がん)の力をさす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たりき【他力】

他人の助力。
〘仏〙 自己の力で悟るのではなく、仏や菩薩の力を借りること。仏・菩薩の加護のこと。多くは浄土教で、衆生しゆじようを極楽へ救済する阿弥陀仏の本願の力のこと。
▽⇔ 自力

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

他力
たりき

自力・他力」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の他力の言及

【他力本願】より

…阿弥陀仏が一切の衆生を救済しようとしておこした誓願。また浄土教で他力の弥陀の本願を頼むことをいう。他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。…

※「他力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

他力の関連キーワード善人猶以て往生を遂ぐ況んや悪人をや操作シリンダ白木の念仏自力回向願力回向自力念仏他力本願教行信証清沢満之自然法爾顕彰隠密易往易行彼方任せ他力念仏浄土教自力教他力門七高僧金剛心愚禿鈔

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他力の関連情報