コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加持身説法 かじしんせっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加持身説法
かじしんせっぽう

仏教用語。法身説法 (本来姿や形をもたず,言葉に表わせない真理そのものが説法をする) が密教独特の仏身観である。しかし,密教の教主を真理そのもの (自性身) とするとき,頼瑜聖憲らの新義真言宗の学者は,この自性身を言葉を離れた真理そのもので説法をしない本地身と,それでは衆生を教化しえないから衆生利益の加持の方面としての壮麗な尊い姿を示現して説法する加持身との2面に分けた。この加持身が行う説法のこと。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

加持身説法の関連キーワード本地身説法

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android