法身説法(読み)ホッシンセッポウ

大辞林 第三版の解説

ほっしんせっぽう【法身説法】

法身が説法をすること。密教で、自宗の教理を法身である大日如来の説いたものとみなし、顕教には法身の説法はあり得ないとする。ただし新義真言宗は加持身が説法すると解する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほっしん‐せっぽう ‥セッポフ【法身説法】

〘名〙 仏語
① 日本の真言宗の教義で、大日如来が一切の根源である本地身としての法身の位において自ら説法するということ。ただし、真言宗内でも新義では、本地身である法身は行者の視覚や聴覚を超絶しているから、直接行者を守護し、行者と感応しうる仏身の姿において説法すると解する。これを加持身説法という。
② 法身はあらゆる形をとって現われるので、虫の声、風の音もすべて仏の説法であるということ。
※光悦本謡曲・杜若(1464頃)「よみおく和歌の言葉までも、皆法身説法の妙文なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android