コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加温栽培 かおんさいばいheating culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加温栽培
かおんさいばい
heating culture

厳寒期に野菜や花卉を安定的に生産するための栽培方法。施設園芸において行われる。一般に暖房機が利用されるが,気温を高める方式地温と気温を同時に高める方式があり,温度は昼間夜間により,また作物によって異なる。たとえば,キュウリは昼間 23~28℃,夜間 10~15℃,ピーマンは昼間 25~30℃,夜間 15~20℃が適温である。燃料は一般に石油が使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

加温栽培の関連キーワードビニルハウス栽培山本 浅吉セロリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加温栽培の関連情報