加藤 隆義(読み)カトウ タカヨシ

  • 加藤 隆義 (かとう たかよし)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の海軍大将 海軍大学校長。



生年
明治16(1883)年3月20日

没年
昭和30(1955)年2月10日

出生地
東京

旧姓(旧名)
船越

学歴〔年〕
海兵〔明治36年〕卒,海大〔大正3年〕卒

経歴
元帥加藤友三郎子爵の養嗣子。大正3年「春日」航海長、軍務局員を経て6年フランス駐在、8年パリ講話会議全権随員、帰国後第1艦隊参謀、東宮武官、14年「霧島艦長、昭和2年国際連盟海軍代表、3年空軍代表兼任、4年軍令部第1班長を経て第1航空戦隊司令官、海軍大学校長、航空本部長を歴任、9年軍令部次長、10年第2艦隊司令長官、呉鎮守府長官、13年軍事参議官、14年大将となり、20年予備役。宮廷と海軍のパイプ役を果たした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1883年3月20日
大正時代;昭和時代の海軍軍人。大将;子爵
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android