コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤三吾 かとう さんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤三吾 かとう-さんご

1865-1939 明治-昭和時代前期の沖縄研究者。
慶応元年10月6日生まれ。明治32年沖縄中学の博物学教師となり,沖縄の歴史・民俗などの調査結果を「東京人類学雑誌」に発表。34年沖縄学術研究会を発足させたが,翌年長崎県の中学に転勤。昭和14年4月6日死去。75歳。陸奥(むつ)弘前(青森県)出身。著作に「琉球の研究」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤三吾の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生フローレンツ第2次世界大戦恐怖映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android