加藤勇(読み)かとう いさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤勇 かとう-いさむ

1828-1890 幕末-明治時代の武士,教育者。
文政11年8月16日生まれ。肥前大村藩(長崎県)藩士。京都で春日潜庵(せんあん)にまなぶ。帰藩して藩校五教館の学頭監察,のち用人となる。勤王の三十七士誓盟にくわわり,維新の実現につくした。維新後は郷里で教育に従事。明治23年9月22日死去。63歳。名は守礼。通称ははじめ小一郎,左司馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤勇の関連情報