コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日潜庵 かすが せんあん

美術人名辞典の解説

春日潜庵

幕末・明治の勤王儒者。名は仲襄、字は子賛、潜庵は号。明治11年(1878)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かすが‐せんあん【春日潜庵】

[1811~1878]江戸末期から明治初期の陽明学者。京都の生まれ。名は襄。字(あざな)は子賛。公卿の久我(こが)家に仕え、尊王攘夷論を主張した。のち、奈良県知事。著「潜庵遺稿」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日潜庵 かすが-せんあん

1811-1878 幕末-明治時代の儒者。
文化8年8月3日生まれ。五十君南山らに朱子学をまなび,のち陽明学に転じた。公卿(くぎょう)久我(こが)家の諸大夫となり,久我建通らにつかえる。尊攘(そんじょう)派の梁川星巌(やながわ-せいがん)らとまじわり,安政大獄で永押込(ながおしこめ)に処せられる。慶応4年大和鎮撫総督久我通久(みちつね)の参謀,ついで奈良県知事となった。明治11年3月23日死去。68歳。京都出身。名は仲襄。字(あざな)は子賛。著作に「陽明学真髄」「読易抄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春日潜庵

没年:明治11.3.23(1878)
生年:文化8.8.3(1811.9.20)
幕末の儒者,尊攘派志士。名は仲襄,潜庵は号。筑前守春日仲恭の子として京都に生まれる。父を継いで久我家諸大夫となり,通明・建通父子に仕えて讃岐守に任ぜられた。また陽明学を諸藩の士に教授。ペリー来航以降,梁川星巌,頼三樹三郎らと時務を論じ,時の幕政を批判する内容の戊午の密勅降下に参画した。安政5(1858)年の大獄では永押込に処せられたが,文久2(1862)年赦免。七卿落ちで東久世通禧が京都を離れたのち,東久世家の家事を兼掌した。明治1(1868)年,大和鎮撫総督久我通久に参謀として従う。同年5月奈良県知事となったがほどなく辞官し,子弟の教育に日を送った。<著作>『陽明学真髄』<参考文献>春日精之助『春日潜庵伝』

(三井美恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かすがせんあん【春日潜庵】

1811~1878) 江戸末期・明治初期の儒者。京都久我家の臣。陽明学を信奉して国事に奔走。安政の大獄に連座。維新後、奈良県知事。著「潜庵遺稿」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春日潜庵の関連キーワード中川靖太郎西郷小兵衛楠屋宗五郎佐伯勝馬鬼頭忠純恒河竹陰大石団蔵春日白水富岡鉄斎山田方谷笠原研寿桜井魁園中路延年小林全信河野静山鬼頭仲次春日仲襲金獅広威渓中新作遠藤千胤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android