コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤景範 かとう かげのり

美術人名辞典の解説

加藤景範

江戸中期・後期の歌人国学者。通称小川屋喜太郎、名は遜、号は竹里・居貞斎。信成の長男。大阪生、京都住。書と国学を富永芳春に、和歌烏丸光胤、画を狩野光真に学ぶ。有賀長伯と交流があった。歌・国史国文で名高い。著書に『みやこびと玉かづら』『浜づと』等がある。寛政8年(1796)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤景範 かとう-かげのり

1720-1796 江戸時代中期-後期の歌人。
享保(きょうほう)5年5月4日生まれ。家業は薬商。松井政豊に師事する。また懐徳堂で五井蘭洲らにまなび,和学をおしえた。寛政8年10月10日死去。77歳。大坂出身。名は別に友輔。字(あざな)は子常。通称は喜太郎,太助。号は竹里,居貞斎。著作に「和歌三類集」「みやひこと玉かつら」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤景範

没年:寛政8.10.10(1796.11.9)
生年:享保5.5.4(1720.6.9)
江戸中期の歌人。通称小川屋喜太郎,字は子常,号は竹里,景範は名,のちの名は友輔。医師で薬商を兼ねた父信成の跡を継ぎ売薬を業とした。父は五井持軒,三宅石庵などに学んで晩年は和歌を好み,烏丸光栄に学んだ。景範もその境遇のもと,和歌は光栄門で父の友人の松井政豊に師事し,また漢学塾懐徳堂に学んだ。とりわけ和学は五井蘭洲の『古今通』を熟読することで強い影響を受け,懐徳堂の和学を領導する立場に立ち,多くの歌学書を書いた。『新古今集旧注補遺』『和歌虚詞考』『国雅管窺』などの著作がある。<参考文献>多治比郁夫「加藤景範年譜」(『大阪府立図書館紀要』8号)

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤景範 (かとうかげのり)

生年月日:1720年5月4日
江戸時代中期の歌人
1796年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

加藤景範の関連キーワード加藤東岡加藤敦善上田元彊加藤信成金谷興詩生年月日池坊専明加藤竹里

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android