コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤有慶 かとう うけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤有慶 かとう-うけい

1706-1786 江戸時代中期の柔術家。
宝永3年生まれ。起倒(きとう)流を滝野遊軒にまなび,江戸でおしえる。天明6年4月2日死去。81歳。丹波出身。名は長政(正)。通称は忠蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤有慶

没年:天明6.4.2(1786.4.29)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の柔術家。通称忠蔵,長政と名乗る。丹波国(京都府,兵庫県)の出身。滝野遊軒に起倒流を学び,遊軒のあとを追って江戸へ出,下谷和泉橋に居を構える。同門に老中松平定信の柔術の師鈴木清兵衛がいるが,有慶の実力はさらに高く,同流歴代の師範のなかで最も傑出していたとされ,諸侯や旗本の門人も多かった。晩年になっても,酒宴の最中に隙をみてかかってきた力士を,盃の酒を一滴もこぼさず投げてみせたという。

(甲野善紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android