コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤有慶 かとう うけい

2件 の用語解説(加藤有慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤有慶 かとう-うけい

1706-1786 江戸時代中期の柔術家。
宝永3年生まれ。起倒(きとう)流を滝野遊軒にまなび,江戸でおしえる。天明6年4月2日死去。81歳。丹波出身。名は長政(正)。通称は忠蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤有慶

没年:天明6.4.2(1786.4.29)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の柔術家。通称忠蔵,長政と名乗る。丹波国(京都府,兵庫県)の出身。滝野遊軒に起倒流を学び,遊軒のあとを追って江戸へ出,下谷和泉橋に居を構える。同門に老中松平定信の柔術の師鈴木清兵衛がいるが,有慶の実力はさらに高く,同流歴代の師範のなかで最も傑出していたとされ,諸侯や旗本の門人も多かった。晩年になっても,酒宴の最中に隙をみてかかってきた力士を,盃の酒を一滴もこぼさず投げてみせたという。

(甲野善紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤有慶の関連キーワード今川久太夫神戸有鱗斎渋川伴五郎(4代)関口氏英高橋玄門斎滝野遊軒福島平九郎三浦義辰水早信正吉田直義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone