コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦梅園 みうら ばいえん

9件 の用語解説(三浦梅園の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三浦梅園

江戸中期の儒者。豊後生。名は晋、字は安貞。綾部綗斎・藤田敬所に学ぶ。条理学を提唱し、『玄語』『贅語』を著わす。寛政元年(1789)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みうら‐ばいえん〔‐バイヱン〕【三浦梅園】

[1723~1789]江戸中期の思想家豊後(ぶんご)の人。名は晋。天文・医学・哲学・歴史・宗教・政治・経済など多分野に通じ、独自の認識論と存在論によって宇宙・自然・人間を説明する条理の学を唱えた。著「玄語」「贅語(ぜいご)」「敢語」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三浦梅園【みうらばいえん】

江戸中期の哲学者。名は晋(すすむ),字は安貞。豊後(ぶんご)国東(くにさき)の人で,帆足万里(ほあしばんり),広瀬淡窓(たんそう)とともに豊後三賢の一人に数えられる。
→関連項目安岐[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦梅園 みうら-ばいえん

1723-1789 江戸時代中期の哲学者。
享保(きょうほう)8年8月2日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)国東(くにさき)郡富永村の庄屋,医師。綾部絅斎(あやべ-けいさい),藤田敬所にまなぶ。独創で天地造化の「条理」をきわめ,梅園三語とよばれる「玄語」「贅語(ぜいご)」「敢語(かんご)」をあらわした。仕官せず,郷里で門人を教育し,思索と著述の生涯をおくった。寛政元年3月14日死去。67歳。名は晋(すすむ)。字(あざな)は安貞。
【格言など】学問は飯と心得べし(「戯示学徒」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦梅園

没年:寛政1.3.14(1789.4.9)
生年:享保8.8.2(1723.9.1)
江戸時代の哲学者,経済学者。豊後国東の富永村(大分県安岐町)に,義一とふさの次男として生まれた。名は晋,字は安貞,幼名辰次郎。祖父の代から医を業としたが,山林や田畑もあり,かたわら農業をもいとなむ家柄であった。17歳のとき,杵築藩(大分県)の儒者綾部絅斎に師事し,同じ年と4年後の2度にわたって,中津藩の儒者藤田敬所の門をたたいたが,いずれも長い期間ではなく,その学問形成はほとんど独学によるものであった。長じて家業を継ぎ,長崎に2回,伊勢・京・大坂に1回,長途の旅を試みたほかは,生涯ほとんど故郷を離れず,家業と梅園塾での門人の教育に当たり,その余暇のすべてを読書と思索と執筆にささげた。梅園の学問の基礎を培ったのは,あくことを知らぬ膨大な読書であった。和漢にわたる特定の学派や分野にとらわれないその読書は,まだ誰ひとり確実な真理の認識には到達しておらず,真理は眼前にひろがる天地のなかにおいてこそ探究されなければならぬ,という確信をあたえた。梅園の学問はそこから出発した。 29歳か30歳のころ,梅園は気の哲学に開眼し,『玄論』と題する朱子学風の小さな論文を書いた。玄とは中国哲学において根源的存在をあらわすことばであり,梅園は根源的存在に関する理論を構築しようと試みたのである。しかしながら,従来の哲学的な概念や思考法は彼を満足させなかった。厳密に構成された概念と思考法にもとづく自然的世界の記述を目指して,梅園の苦闘が始まる。それから23年の間に23回の改稿をへて,ようやく一応の完成をみたのが,哲学的主著『玄語』(1775)である。それは陰陽と『易』の論理にもとづく自然哲学体系の書であった。 『易』によれば,根源的存在である太極は陰陽に分かれ,陰と陽はそれぞれさらに陰と陽に分かれる。梅園はこの二分法の連鎖の論理を駆使する。根源的存在である一が気(エネルギー的側面)と物(物質的側面)に分かれ,気と物がそれぞれさらに気と物に分かれる。逆にいえば,あらゆるものは気と物の統合体である。気と物が二分法にしたがって二股に枝分かれしてゆくすじ道を,梅園は条理と呼んだ。この存在の分化のすじ道を逆にたどり,あらゆるものをそれぞれのレベルにおける気と物の統合として把握してゆけば,最後には根源的存在に到達できる。その認識の方法が反観合一であった。そして,具体的な世界を記述するために,現象と存在のレベルとに応じて気と物に独特の概念をあたえ,それを条理の言と名づけた。条理の言は一種の人工言語であり,人工言語と二分法の論理にもとづく自然的世界の体系的な記述,それが『玄語』であった。『玄語』執筆の副産物である学問概論の『贅語』と倫理学の著作『敢語』をあわせて,3部の主著を梅園三語と称する。そのほか作詩法を述べた『詩轍』,経済学の著作『価原』など,多方面の著述を残した。<著作>梅園会編『梅園全集』上下(1979,復刻)<参考文献>田中正治『三浦梅園』,山田慶兒『黒い言葉の空間』

(山田慶兒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みうらばいえん【三浦梅園】

1723‐89(享保8‐寛政1)
江戸中期の哲学者。名は晋(すすむ)。号は梅園,洞仙,二子山人など。豊後の国東(くにさき)郡富永村(現,大分県東国東郡安岐町大字富清)で名望家の医者の家に生まれ,生涯,医を業とした。かたわら家塾を開き,常時20人たらずの寄宿生がいた。その一生はなんの波乱もなく,伊勢参りに1度,長崎へ2度,旅行したのみ,杵築(きつき)侯その他から出仕の招聘を受けたのもすべて辞退し,郷里を離れたことは一度もない。人となり温厚篤実安分知足モットーとし豊後聖人の称があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みうらばいえん【三浦梅園】

1723~1789) 江戸中期の思想家。豊後の人。名は晋すすむ、字あざなは安貞。儒学と洋学の思想を調和させて宇宙の構造を説明する条理学を提唱。その論ずるところは哲学・宗教・歴史・文学・経済をはじめ、天文・医学など自然科学にも及んだ。著「玄語」「贅語ぜいご」「敢語」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦梅園
みうらばいえん

[生]享保8(1723).8.2. 豊後,富永
[没]寛政1(1789).3.14. 豊後,富永
江戸時代中期の思想家。名は晋,字は安貞。梅園,洞仙,東川居士,二子山人などと号した。藩の学者,綾部けい斎につき,中津藩の藤田敬所の指導を受けたが,年少の頃から自然現象に関心をもち,20歳頃までに天文学,和算を学び,みずから器械をつくって天象を模し,自然の思索に没頭した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦梅園
みうらばいえん
(1723―1789)

江戸中~後期の哲学者。享保(きょうほう)8年8月2日、豊後(ぶんご)国(大分県)国東(くにさき)半島の山中に生まれる。生涯この地で学者として過ごす。名は晋(すすむ)。字(あざな)は安貞。梅園は号。青年期に、長崎かその帰途の熊本で、中国経由の西洋天文学の知識に触れ、当時の日本の思想界を代表する仏教哲学や儒教哲学とは本質的に異なる第三の哲学を確立する。
 第一主著『玄語(げんご)』(全8巻)は、梅園が独創した「反観合一」という名の認識論と「条理」という名の存在論によって、宇宙と自然と人間およびその間に派生するすべての現象を「一即一一(いちそくいちいち)」的に再構成した哲学書であり、第二主著『贅語(ぜいご)』(全14巻、1789)は、同じく認識論と存在論で、宇宙論、天文学、医学、地理学、生物学、鉱物学、経済学、倫理学、政治学等の諸学の範疇(はんちゅう)を『玄語』よりも具体的、贅疣(ぜいゆう)的(こぶやいぼのように無用な存在として)に再構成すると同時に、「反観合一」と「条理」の普遍妥当的有効性を論証する役割も果たしている、世界に類例をみない奇書である。第三主著『敢語(かんご)』(1763)は、「他人が容易に発言しえない正論をる」という意図から命名された倫理学の書物である。以上の三大主著を梅園自ら「梅園三語」と命名して重要視している。ほかに『価原(かげん)』『玄語手引艸(てびきぐさ)』『詩轍(してつ)』(1786)など著書多数。著書原本はすべて国の重要文化財に指定されている(指定名称「三浦梅園遺稿」)。「人生、恨むなかれ、人の識(し)るなきを。幽谷深山、華、自(おの)ずから紅(くれない)なり」。これは、寛政(かんせい)元年67歳の生涯を閉じるに際して、梅園が墨(すみ)黒々と書き残した自己の学問と人生に対する感懐であった。[高橋正和]
『島田虔次・田口正治他校注・校訂『日本思想大系41 三浦梅園』(1982・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三浦梅園の言及

【価原】より

…江戸中期の思想家三浦梅園の和文の著。1773年(安永2)筆。…

【玄語】より

三浦梅園の主著。〈梅園三語〉の一つ。…

※「三浦梅園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦梅園の関連キーワード池上鎌三カーネマン国学者トマスアクィナス塩野谷祐一高木友三郎二木立古田光山元一郎薗田坦

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三浦梅園の関連情報