コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤条治 かとう じょうじ

1件 の用語解説(加藤条治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤条治 かとう-じょうじ

1985- 平成時代のスピードスケート選手。
昭和60年2月6日生まれ。山形中央高在学中のインターハイ男子500mで3年連続優勝。平成14年高校生としては初めてワールドカップ(W杯)長野大会の代表となり3位にはいる。同年のW杯ハルビン大会では2位。15年三協精機製作所(現・日本電産サンキョー)に入社。17年W杯ソルトレークシティー大会500mで34秒30の世界新記録を樹立してW杯初優勝をはたした。18年トリノ冬季五輪500m6位入賞。22年バンクーバー冬季五輪では500mで銅メダルを獲得した。26年のソチ冬季五輪代表となり,500mで5位入賞。山形県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤条治の関連キーワードアイススケートパワードスピーカー黒岩彰小平奈緒酒井裕唯出島茂幸土井慎悟ローラースピードスケートノーマルスケート世界スプリントスピードスケート選手権大会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤条治の関連情報