コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤田平八郎 かとうだ へいはちろう

1件 の用語解説(加藤田平八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤田平八郎 かとうだ-へいはちろう

1808-1875 江戸時代後期の武士。
文化5年生まれ。加藤重慎(しげちか)の兄。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。神陰流剣法を養父加藤田新八にまなぶ。楊心流の薙刀(なぎなた)の使い手としても知られる。幕末維新史の好史料とされる「加藤田日記」をのこした。明治8年1月15日死去。68歳。本姓は加藤。名は重秀。字(あざな)は潜卿。号は益亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤田平八郎の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)上田秋成検察ブルボン朝英学光の科学史ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone