コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤重慎 かとう しげちか

1件 の用語解説(加藤重慎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤重慎 かとう-しげちか

1814-1887 江戸後期-明治時代の儒者。
文化11年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。江戸にでて安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。天保(てんぽう)11年藩校明善堂講官となる。のち監察に転じ,江戸で藩主有馬頼徳の5男富之丞(松平直克)の侍講を兼任した。明治2年教授。明治20年3月20日死去。74歳。字(あざな)は保卿。通称は幾次郎。号は米山,聴鶯舎。著作に「従軍日記」「聴鶯舎文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤重慎の関連キーワード横山雲安浅見野井黒田甫坂本奇山昇斎一景関直吉新家春三貫名海雲羽塚秋楽六郷新三郎(5代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone