コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤至道 かとう しどう

1件 の用語解説(加藤至道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤至道 かとう-しどう

1865*-1944 明治-昭和時代前期の僧。
元治(げんじ)元年12月20日生まれ。臨済(りんざい)宗。17歳で得度し,大衆(だいしゅ)寮(花園大の前身)を卒業後,岐阜県永保寺(えいほうじ)で修行。愛媛県仏心寺の住持をへて,大正11年臨済宗大(現花園大)学長となる。昭和11年臨済宗南禅寺派管長。昭和19年7月19日死去。81歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。法名は物初。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤至道の関連キーワード三上参次小川正孝石井筆子稲葉昌丸多忠竜小菅剣之助鳥居清種(2代)中村寛澄林仙之峯尾文太郎