コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤重右衛門 かとう じゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤重右衛門 かとう-じゅうえもん

1894-1974 昭和時代の陶芸家。
明治27年12月21日生まれ。昭和2年生地の岐阜県笠原町の町長。7年美濃(みの)焼の研究をはじめ,古陶片を発掘してその歴史をさぐる。黄瀬戸,織部,美濃伊賀などを中心に作陶した。33年県重要無形文化財保持者。昭和49年10月15日死去。79歳。本名は十右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤重右衛門の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android