コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄瀬戸 きぜと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄瀬戸
きぜと

室町時代末期~桃山時代美濃 (岐阜県土岐市とその周辺) を中心として焼かれた古陶で,美濃焼の一種。鉄釉によるあたたかい黄色でおおわれているのが特徴。なかに銅釉の緑で文様が施されたものもある。一般に,ぐいのみ手,菊皿手,あやめ手 (油揚手) の3種に分けられ,器形には皿,鉢,碗,花器香炉などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐せと【黄瀬戸】

安土桃山時代に美濃で焼かれた瀬戸系の陶器。淡黄色の釉(うわぐすり)をかけたもの。意匠の特色から、あやめ手、ぐいのみ手などが有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄瀬戸【きせと】

瀬戸および美濃で焼かれる朽葉色の陶器で,特に桃山期の美濃産が珍重される。肉厚で釉色(ゆうしょく)の透明なぐいのみ手,薄づくりで不透明なあやめ手(あぶらげ手),江戸期にはいってつくられた厚手で光沢の強い菊皿手がある。
→関連項目茶碗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きせと【黄瀬戸】

桃山時代に美濃で焼かれた陶器。黄釉おうゆうを用い、線刻・印花・櫛目くしめなどの文様を施したものや、銅緑色・鉄褐色の斑文のあるものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄瀬戸
きせと

桃山時代に美濃(みの)焼が製した主要な作風の一つ。黄瀬戸は文字どおり黄釉(ゆう)のかかった瀬戸焼の意味であるが、窯(かま)が隣接する美濃焼は、桃山時代には京都では広く瀬戸焼として理解されていたので、美濃焼の産であっても黄瀬戸の名称がつけられたのであろう。黄瀬戸は中世の瀬戸焼の重要な釉技であった灰釉の系譜を引く釉法を母胎にしており、製品の器もやはり瀬戸と同じくあくまで中国陶磁を母型に置いていた点に特色がある。
 黄瀬戸は光沢の強い灰釉である古瀬戸系黄瀬戸と、しっとりと潤いのある油揚げ肌を呈する釉中に黄土を混ぜた黄瀬戸とに大別される。前者は当時輸入されていた青磁や白磁の皿、碗(わん)、鉢などを写す量産品に多く使用されているが、後者は端正なろくろによって成形され、形は銅鑼(どら)鉢、向付(むこうづけ)、香炉、花生(はないけ)など茶具で占められる高級器皿であり、草花文様をスタンプで表して、銅や鉄を点じて緑彩、褐彩してきわめて瀟洒(しょうしゃ)な味わい深い雅陶につくりあげられている。むろん桃山ならではの創意は後者によく示されており、今日の声価も高い。江戸時代に入ると灰釉の系譜の主流は美濃焼では御深井(おふけ)釉へと転ずる。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄瀬戸の言及

【美濃焼】より

…その源流は7世紀代に始まった須恵器生産にあるが,平安時代中期には愛知県猿投(さなげ)窯の影響を受けて白瓷生産を,平安末から室町中期にかけて白瓷系陶器(山(やま)茶碗)を,室町前期からは古瀬戸系施釉陶器を焼いており,広義の猿投窯系陶器の一分枝とみることができる。狭義の美濃焼は瀬戸黒,黄瀬戸,志野,織部などを焼いた室町末~桃山時代以降の陶器を指しており,当時の茶会記をみると,天文・弘治年間(1532‐58)の〈天目 美濃〉〈天目 濃州〉の記載から,永禄(1558‐70)以後〈セト茶碗〉〈セト水指〉などと瀬戸の名を冠して呼ばれるようになり,江戸時代に入ると尾張藩の統制下におかれて瀬戸焼として扱われた。〈美濃焼〉の名称が文書に登場するのは1832年(天保3)からである。…

※「黄瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄瀬戸の関連キーワード川本治兵衛(初代)加藤 重右衛門元屋敷陶器窯跡加藤重右衛門安土桃山時代加藤 唐九郎荒川 豊蔵瀬戸[市]加藤唐九郎多治見焼加藤孝造荒川豊蔵鈴木八郎鏡屋正七林 景正加藤基通赤津焼林景正瀬戸焼印花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android