コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加速度センサー カソクドセンサー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

加速度センサー

速度の変化を計測するための機器。もともとは主に化学実験用の計測器として使われていたが、最近では、自動車のカーナビゲーション・システム、デジタルカメラ、携帯電話、ゲーム機など多くのデジタル家電で採用されている。加速度センサーには、1軸、2軸、3軸のタイプがあり、3軸のセンサーは、上下、左右、前後の3軸方向に対する速度を計測することで、傾きや、方向、重力を感知できる。たとえば、カーナビゲーション・システムでは、車体の傾斜で一般道高速道路かを判断したり、携帯電話などの傾きで画面の向きを自動的に変える機能がある。また、iPodやiPhone、ゲームのコントローラーでは、傾けたり、振るなどのジェスチャーでさまざまな操作ができる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かそくど‐センサー【加速度センサー】

加速度を計測する装置。ロボットの姿勢制御、自動車のエアバッグの作動装置、コンピューターゲームのコントローラー、スマートホンなどに利用される。近年はMEMS(メムス)などの超微細加工技術により、ばねにつながれた可動部と周囲の電極の間の静電容量の変化を電気信号に変換し、加速度を得る小型のセンサーも開発されている。傾きを検出するジャイロセンサーとともに、モーションセンサーともよばれる。加速度計アクセロメーター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加速度センサーの関連情報