加須屋貞蔵(読み)かすや ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加須屋貞蔵 かすや-ていぞう

1842-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)13年生まれ。文久3年大坂警備にあたる因幡(いなば)鳥取藩の雇いとなる。姉小路公知(あねがこうじ-きんとも)暗殺事件を機に,朝廷から藩に宮門警備を命じられたが,その要員選出にもれたのをうらみ,京都で尊攘運動に奔走。藩に監禁されかかったため,文久3年8月25日自刃(じじん)。22歳。大坂出身。名は武門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android