コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加須屋貞蔵 かすや ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加須屋貞蔵 かすや-ていぞう

1842-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)13年生まれ。文久3年大坂警備にあたる因幡(いなば)鳥取藩の雇いとなる。姉小路公知(あねがこうじ-きんとも)暗殺事件を機に,朝廷から藩に宮門警備を命じられたが,その要員選出にもれたのをうらみ,京都で尊攘運動に奔走。藩に監禁されかかったため,文久3年8月25日自刃(じじん)。22歳。大坂出身。名は武門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加須屋貞蔵の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)紀行文学ホーソンブルーススネルマン中島名左衛門

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android