姉小路公知(読み)あねがこうじ・きんとも

朝日日本歴史人物事典「姉小路公知」の解説

姉小路公知

没年:文久3.5.20(1863.7.5)
生年:天保10.12.5(1840.1.9)
幕末公家,宮廷政治家。老中堀田正睦が条約勅許を求めて上洛中の安政5(1858)年3月,これに反対して88廷臣の列参奏上に参加。桜田門外の変を経て,文久2(1862)年8月同志の廷臣と共に,和宮降嫁の責任を問うて久我建通,岩倉具視らを弾劾。以来,長州藩・尊攘志士の支持を受け,三条実美と共に攘夷派廷臣の指導者となる。同年11月,勅使三条実美のもと副使として江戸に赴き,攘夷の督促と親兵設置の勅書を伝達した。翌文久3年2月,国事参政が新設されるとこれに就任,朝議決定に直接参加できる地位を得た。攘夷期日の設定を主張し,将軍上洛ののち賀茂社行幸,石清水行幸に随従,次いで大坂湾を巡検し海防について勝海舟に意見を求めた。5月20日深夜,御所からの帰宅途中,朔平門外で暗殺。年24歳。現場に残された太刀から薩摩藩士田中新兵衛に容疑がかけられた。京都町奉行所に監禁された新兵衛は,一言の釈明もなく自刃,暗殺者は今なお不明のままである。<参考文献>関博直編『姉小路公知伝』

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「姉小路公知」の解説

姉小路公知 あねがこうじ-きんとも

1840*-1863 幕末の公卿(くぎょう)。
天保(てんぽう)10年12月5日生まれ。尊攘(そんじょう)派の公卿の中心的人物。文久2年勅使三条実美(さねとみ)の副使として江戸にいき,幕府に攘夷決行を督促。また国事参政として摂津の海防の実情をしらべる。文久3年5月20日御所からの帰途におそわれ,21日死去。25歳。死後,贈正二位。幼名は靖麿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「姉小路公知」の解説

姉小路公知
あねがこうじきんとも

[生]天保10(1839).12.5. 京都
[]文久3(1863).5.20. 京都
幕末の尊王派公家。条約勅許に反対した公家の指導者。文久2 (1862) 年 10月,右近衛権少将となり,攘夷督促の副使として正使三条実美とともに江戸に向う。のち国事参与となり,三条とともに攘夷派の先鋒となったが,朝議の帰途,京都朔平門外で刺客に襲われて死去。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「姉小路公知」の解説

あねがこうじ‐きんとも【姉小路公知】

幕末の公卿。尊王攘夷を主張し、日米修好通商条約の勅許に反対。三条実美(さねとみ)の副使として江戸に下って攘夷断行を幕府に求める。のち京都朔平門外で暗殺された。天保一〇~文久三年(一八三九‐六三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「姉小路公知」の解説

姉小路公知
あねがこうじきんとも

1839〜63
幕末の尊攘派公家
1862年三条実美 (さねとみ) とともに勅使として江戸に下向し攘夷をすすめ,尊王攘夷運動の一中心となる。翌年京都で暗殺された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

367日誕生日大事典「姉小路公知」の解説

姉小路公知 (あねがこうじきんとも)

生年月日:1839年12月5日
江戸時代末期の公家;宮廷政治家
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典 第2版「姉小路公知」の解説

あねがこうじきんとも【姉小路公知】

1839‐63(天保10‐文久3)
幕末期の尊王攘夷派の公卿。1852年,元服して従五位上となり,58年,侍従に任じられ従四位下となった。62年10月,勅使三条実美の副使として江戸へ下り,幕府に攘夷実行の勅命を伝えた。同年12月,国事御用掛となり,63年2月には国事参政も兼ねた。三条と並ぶ尊攘派少壮公卿の中心人物であったが,同年5月,朝議の帰途,御所の朔平門外で暗殺された。【小野 正雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android