助船(読み)たすけぶね

精選版 日本国語大辞典「助船」の解説

たすけ‐ぶね【助船】

〘名〙
① 水上の遭難者または遭難船を救うために出す船。救助船。すくいぶね。
※山家集(12C後)中「大波に引かれいでたる心ちしてたすけぶねなき沖にゆらるる」
※俳諧・毛吹草(1638)六「出(いで)て月人の心やたすけ舟〈弘永〉」
② 困っている人に、力をかすこと。また、その人。加勢。助勢。すくいぶね。
謡曲鵜飼(1430頃)「法華のみ法の助け舟、篝火も浮かむ光かな」
※咄本・軽口あられ酒(1705)二「たかさごやこのうら舟にほをあげてゑと、引どもつけず。なをうろたへて、たすけ舟(ブネ)とゆふた」
③ 男子用性器具の一種。
※雑俳・柳多留‐一六六(1838‐40)「くやしさは助け船でももうゆかず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android