篝火(読み)かがりび

  • ×篝火
  • こうか ‥クヮ
  • 篝火(かがりび)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古来の照明具の一つ。主として屋外用のもので,手に持って移動するときは松明 (たいまつ) を使い,固定するときは火を使う。松の木などの (あぶら) の多い部分を割り木にして,鉄製篝籠に入れ,火をつけるもので,「かがり」の名も細長い鉄片を編んだ容器からの命名といわれる。軍陣祭礼など,野外に多数の人の集るときに使うほか,漁船に取付けて集魚灯の役目も果した。有名な長良川の鵜飼舟にも,篝火を取付けており,古風を重んじる祭礼の夜間行事には,今日でも使われることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

鉄製のの中でをたいて照明する火をいい,またその鉄製の籠を篝という。〈かがり〉は〈輝り〉のであるという。《万葉集》に鵜飼いのときに篝を用いた歌があるので,奈良時代からあったことがわかる。平安時代以来さかんに用いられ,《北野天神縁起絵巻》には船の舳先(へさき)につっている。篝の形には半球形のもの,下を細くして鉄輪(かなわ)が動くようにしたものなどがある。鎌倉時代には京都に48ヵ所の篝屋がおかれ,ここに兵士がたむろし,夜中の警護に当たった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋外で照明用に燃やす火。照明としてもっとも原初的なものは庭火(焚(た)き火)であり、それから進んで、椀(わん)または籠(かご)状(多くは鉄製)のものに薪(たきぎ)(多くは松)を入れて燃やすようになったのが篝火である。夜中の警護・照明または漁猟の際に用いられ、古代以来広く行われたが、現代では薪能(たきぎのう)や鵜飼(うかい)に用いられるのが印象に残りやすい。『源氏物語』第27帖(じょう)を「篝火」と題しているのは、ほのかな篝火の火影に見える女性の姿を情趣深くとらえるところからきたものである。

[萩原龍夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
※古今(905‐914)恋一・五二九「かがり火にあらぬわが身のなぞもかく涙の河にうきてもゆらん〈よみ人しらず〉」
※源氏(1001‐14頃)篝火「御まへのかがり火の、すこし消えがたなるを」
※随筆・当世武野俗談(1757)松葉屋瀬川「かがり火とは、やりてと云事、心の火をたゐたりけしたり、もの思ふといふ心」
[2] 「源氏‐第二七帖」の名。光源氏三六歳の七月、初秋の一夜、玉鬘を訪ねた源氏は篝火をたかせ、柏木、夕霧を呼んで、ともに合奏を楽しむ。玉鬘十帖の第六。
〘名〙 夜中に貴人を警護したり、漁業で魚を集めたりする時などにたく火。かがり火。かがり。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)五・秋日郊行雑詩五首「篝火何須候帰路、待看烟渡月生時」 〔欧陽脩‐集古録目録序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篝火の関連情報