コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労使協調 ろうしきょうちょうlabour-management coordination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労使協調
ろうしきょうちょう
labour-management coordination

労働者と使用者利害は対立するものではなく,両者が協調し企業を盛んにすることが労働者にとっても利益になるとする思想。歴史的には 1850~80年代にイギリスで熟練労働者を中心として芽生えた思想であるが,今日では欧米自由主義諸国でかなり広まっている。日本でも第2次世界大戦前から根強く存在し,戦後にいたって生産性向上運動や石油危機後の構造不況などを通じて民間主要組合の運動の大勢を占めるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ろうしきょうちょう【労使協調】

労働者と使用者の関係を闘争関係とみず、紛争を排除し協力・調和を図ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

労使協調の関連キーワードアメリカ労働総同盟産業別組合会議フランス民主労働組合連盟ウィリアム グリーン日本労働組合総同盟全国労働組合総連合国際教員団体連盟JR東海労働組合ドイツ労働総同盟ラッカー・プランプチブルジョアシュティンネス日本労働総同盟日本生産性本部岩瀬 英一郎労使協調主義民主社会主義韓国労使紛争経済復興会議産業民主主義松崎 芳伸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労使協調の関連情報